超吸収型サニタリーショーツ

超吸収型サニタリーショーツというのをネット記事で見ました。
もうナプキンやタンポンはいらない!という広告文句。
布ナプキンと似ているけれどこれは完全にショーツです。
タンポン二個分の吸収力というのは相当すごいですね。
でも、下着にそのまま吸い込まれるのって不思議だしどうも不安です。
布ナプキンと同じで洗わないといけないから、それ専用の洗剤もあるだろうしその時間も必要なんですよね。
ナプキンが体に悪くて冷えにもつながるというのは知っていますが、捨てればよいという便利さは捨てがたいです。
あとこの超吸収型サニタリーショーツは一枚税込みで5929円なのがネックです。
それくらいの価値があるものなのでしょうが簡単に試せないのも困ります。

凄く寒い時期のお昼休憩のとき

たしか、凄く寒い時期のお昼休憩のときに先輩薬剤師のUさんがテレビでの情報を言っていたんです。
ラーメンを食べたのあとはバナナを食べると、帳消しにまではならないけど健康に良いって。
だから彼女はカップラーメンと一緒にバナナをもってきていましたよ。
つい最近、Twitterでも○○を食べたあとにある食材をとればダイエットにもつながるなんてツイートが出回っていたので思い出しました。
ラーメンにバナナの他には、焼き肉のあとはコーヒーを飲む、パスタを食べたあとはリンゴジュースを飲むなどなど。
ほんの少しでも気休め程度でも良い効果があるのなら試してみたくなる気持ちは分かります。
気休めがあるから食べても良いってことにはなりませんけどね。(笑)

アレンジ失敗レシピ

たまに食べたくなるものの中にチキンラーメンがあります。
だから5袋入りを買ったんだけど、賞味期限が今年の8月であと二つある状況。
これからもっと暑くなるから食べる気になった時に食べないと!とお昼に食べることにしました。
美味しいんだけど途中で飽きちゃうんですよね。
チーズを入れたりもするけど、さっぱりと食べたいのでネット検索しました。
ゴマ油とラー油を入れるというのを採用しました。
まずは半分以上を食べてから入れることにしました。
ひとくちめから、これは失敗したかもしれない・・・な味です。
全然好みの味ではありません。
最初から入れていたら速攻でやめていましたね。
少ない段階で試して正解でした。
カルボナーラ風にしておけばよかったと後悔。

仕事の確認電話でトラブル

仕事中に確認することがあったのでA支店に電話をしました。
すると電話に出た人が「B支店です」と答えたんです。
私は「A支店様では?」と聞きましたが、不機嫌そうな声で「Bです」と。
番号一覧を見て電話したのではなく、A支店の書類を見てかけたのに同じ系列の方だと言われたわけです。
とりあえず謝罪しましたが、やはりその番号はAのものです。
毎月していることなので間違えようがない・・・と先輩薬剤師Kさんに行ったらKさんがかけなおしてくれました。
やはり「B」と答えるので、Kさんが3回くらい「Aではないか」と聞いたら、ようやく「あ!Aです」と言ったんだとか。
同じ系列なので間違えたのかもしれませんが、気が付くのが遅すぎだし周りに人はいなかったんだろうかと不思議です。

糖質カット炊飯器

肥満体系にならないためには食事の見直しは必須でしょうね。
今は優秀な家電が多く出ているようです。
糖質カット炊飯器なんてよく考えつきますよね。
炊くだけで33%の糖質をカットする優れものです。
米を炊くときに溶けだした糖質を他に逃がす仕組みになっているんですって。
普通に炊いたのと同じくらい美味しいのならこちらの方が良いですね。
お店でみるような、お肉がくるくると回りながら焼かれているのが家電でもあります。
焼いている間に脂が下に落ちる。
ただこれって、洗うのもめんどくさいなぁ。
ついでに5万円以上とか高い。
水なしで調理するのはやり方としてはありますね。
ミルフィーユ鍋で水なしでうま味と栄養を守ってくれる家電もありました。

気になる口紅

『マツコの知らない世界』をよく見ています。
マツコさんは知識が幅広いし面白いのでとても好きです。
何かを食べるシーンも、信じられない量をバクバク食べますけど嫌な感じはしません。
テレビ番組にありがちな大袈裟に褒める感じがないんですよね。
本当に美味しそうだし、苦手だし駄目だわ!ってのもあるんですよね。
あと気になることは口紅です。
何を食べてもほとんどそのままで綺麗なんですよ。
もちろん、カットが入ったあとに塗りなおしている可能性は高いです。
メイクさんがささっとやってそうですしね。
それでも、器に口紅がベッタリついているわけでもないんですよね。
グロスはなくてマットなものでしょうけれど、イヤミのない綺麗な色で私も欲しいけどおそらく高いんだろうな。

年の瀬も押し迫ってきました

年の瀬も押し迫ってきましたね。
仕事も前倒しになるしなんとなく毎日が忙しなくて落ち着きません。
毎日たまるストレスも今年中に発散したいけれど、発散する場所がありませんよ。
職場の人も早めに言えば予定があうかもしれないけど自分とは違う生活環境の人と話すのにも限界です。
こんなときにきがるに誘ってお酒を飲みかわす相手がいない、私自身が悪いんですよね。
ちょうど相手を探しているのだから・・・なんて思ったんですけど、ちょうどクリスマスシーズンですよ。
クリスマスなんてどうでもいいんですよ!
その間に合わせに焦って相手をみつけるみたいで嫌なんですけど・・・。
そんな見栄を張りたくなるのはどうしようもありません。
同性で誰か探すしかないですかね。

人に合わせること

職場のお昼時のことを少々。
会話が無くなったときのドラマ視聴話しになりました。
私がタイトルを言った瞬間に
「ああ、あれつまらないよね」
ちゃんと見たうえでつまらないって言ったのならともかく、ちらっとしか見てないうえでの発言です。
そう言われて私も同調しちゃいました。
見てたけど、一回見のがしたら見続けるか迷ってますなんて言っちゃったんです。
その人の意見につられてしまい、見栄を張りすぎです。
自分でも言葉が出た瞬間にわざとらしいかなって思うくらい。
しかも最新のをネットで見たらすごく面白くなってきていて、余計にばかなことをしたなと思います。
他の人に嘘だとバレたような気もします。
後悔してももう遅いのでもうこの話しは出さないで欲しいです。

古着争奪戦

少しでも安い洋服を買いたいと思うのは誰しも思うことでしょう。
うちは古着でじゅうぶんです。
子供たちの洋服なんてとくに一年後には着ることができないのですからね。
今はまだ好みがうるさいというわけでもないので、ネットで中古の洋服を安く買うことにしています。
直接見ることが出来ないのでサイズ確認は必須です。
こまるのは素材ですよね。
素材の質感がわかるようにうまく写真を撮ってくれている場合はいいのですが、そうでないときは賭けでしかありません。
数百円でも損はしたくないからいろいろ探し回っています。
とくにポイント倍増のときに狙って購入するようにしています。
それは他の人も同じ考えで、売り切れるか売り切れないかの接戦になります。

アパレル営業の年収相場

一般相場
アパレルの営業職の平均収入は300万~1000万とバラつきがあります。
外資リテール営業などは大体450万以上位からとある程度の収入が見込めますが、有名で良く知られている若者対象のメーカーやファッションビルや百貨店などに出店の多いブランドなどは300万位からが一般的です。
他の業種に比べれば営業としての収入は少ないのですが、アパレルの業界内ではデザイナーやMD、店長職などに比べると一番稼げる職種です。

休日や福利厚生
この休日や福利厚生が給与にかなり反映されるのがアパレルの営業です。
実情として一般の職種に比べると時間も休日も不安定です。
土日祝は休日と提示されていても、実際は休日出勤なども非常に多く1か月の出勤日数がどの位必要なのか、代休は取れるのかなどは調べておく必要があります。
また規模の小さいブランドなどは人事などが存在していないので、福利厚生などは自分自身でしっかりと知っておくと安心です。
また月単位でのスケジュール管理の所も多く割と自由な所が多いので、慣れると休みを上手く調整が出来ます。

給与について
アパレルの営業の中でも給与差があります。
老舗メーカーや大手商社では一般的に勤続年数による評価などで給与・賞与があるため比較的安定していますが月給が低めです。
中小企業の多いアパレルでは、個人のスキルによって給与交渉を行う方が多いので、募集要項の給与面で19万から35万位と差があります。
個人のスキルとは、例えば前職で繋がりのある企業が応募した会社で今後取引をしたいと考えていて必ず仕事を取ると確約出来たり、店舗開発が得意だったりWEBのスキルなどでインセンティブの交渉を行うことでより高い給与へ導く事が可能です。
応募先の企業が今後どのような発展を目指すのかを良く吟味した上で自身の持っているスキルとの擦り合わせをして行くと良いでしょう。

面接対策
面接では必ずメーカー・ブランドのイメージと合うのかどうかを見られます。
そしてどの様な戦略を持ち営業を行い、ブランディングをどう考えているのかをチェックされます。アパレル企業にとってブランドイメージは一番大事な事ですので、ちょっと知っている・買った事があるだけだと対象外ですので、応募した会社の強みだと思う事・問題点・自身がどれだけ役立つのか・競合に勝つための戦略を分析し、研究する事が採用の近道となります。
営業でも”統括”や”マネージャー”を目指すのであれば、価値を高めるためのブランディングと細かく分析した経営戦略、自身が実践し結果を出してきたPCDAサイクルが必要となります。

人材業界に強い転職エージェントはこちら