コロナウィルスという言葉

コロナウィルスという言葉とこの経験を一生忘れることはないでしょう。
未だに感染が拡大している状態なので、人類は打ち勝つことが出来るのかどうかも不明です。
コロナ対策の為にはワクチンが必要です。
安心安全に使用するにはとても時間がかかるので、いつになるか予想もつきません。
研究は進んでいて3800人が治験に参加を表明していると聞きました。
日本からも72人が希望しているとか。
人種によって結果が違うかもしれないから、多くの人が参加するべきとはいえよく手を挙げる人がいますね。。
インフルエンザの場合は数十万円の報酬だったけれど、こちらの方がリスクが高いということでもっと高額になるとみられる。
お金は欲しいけど、この先に自分にどんな後遺症が残るかわらないのにやりたいとは思えません。

マスクにお金を使う日々

今年はマスクにいったいいくらお金を使ったんでしょうか。
考えたくもない金額だし、一年前には全く信じられないですよね。
夏になると少しでも涼しいものを求めて購入しているので、腹が立ちますよ。
蒸れない、暑くないをうたっているマスクは問題のコロナウィルスの感染には役立ちそうもないと分かっているけれど、しかたがない。
先日は、マスクの中に入れて呼吸もしやすく蒸れないという、マスクスペーサーなるものをネットで見ましたよ。
プラスチック素材でどんなマスクにも対応可能。
たしかにマスクの内側に入れれば快適のようなきもします。
でもネットでそのものズバリを見ていないので懐疑的にもなります。
マスクから落ちないしくみもあっていいけど、検討中です。

趣味でつくるのならば

趣味で野菜を作っても、何を作ってもいいですよ。
でも自分の身内でその作物を消費できないからって、周りに配りまくるのは考えて欲しいです。
そりゃあ、貰って嬉しい野菜だってあるでしょう。
でも何回も何回も、もういらないってほどもらってもそれは完全に迷惑です。
実家の母がそれでもらってきちゃうんですよ。
それを食べるのはこちらなんだから本当に嫌になります。
断りにくい気持ちはわかりますよ。
でもこっちで食べきれなくて処分するなんて理不尽ですよ。
母がもらってくる相手は高齢の人なんですけど、仲良くしているのはいいけどしつこい。
毎日のように行かないと、電話がかかってくるし。
同じような関係の人が母の前にいたらしく、その人は「忙しいからかけてこないで」と言われて縁が切れたとか聞くと今のターゲットにされていることがわかります。

ブルーライトカットの眼鏡

パソコンを長時間使うのでブルーライトカットの眼鏡が前から欲しいと思っていました。
自宅のパソコンには一応、ブルーライトカットのフィルムを貼ったのですが、やはり心配です。
眼鏡を新調するときに必ずブルーライトカットのレンズにするはずでした。
しかし測定してもらったら私にあうカット用のレンズがなかったんです。
私はその前に使い捨てのコンタクトを取っていたので新しい眼鏡がないと帰れない状況です。
ブルーライトカットを諦めようかと思いましたが、測定しなおしてもらって在庫があるレンズでも可能かどうか調べてもらいました。
どうにか可能だったので良かったです。
新しい眼鏡を手に入れるとテンションが上がります。
自分自身が新しくなったようです。(笑)

首の痛みは命に関わる

首の痛みは命に関わることもあるそうですけど、そりゃそうでしょうね。
筋肉のコリなどは整形外科が普通ですが痛みなどの症状によっては内科系、耳鼻科系までさまざまな課を受診する必要があります。
痛みがどこにあるか、がその決め手になるんですって。
首の後ろは筋肉に問題がありそうなので、関節も疑い整形外科。
首の前は内科系は耳鼻咽喉系、などなど。
首をぽきぽき鳴らすのは危険なこと?!
自分でやる分には力をそんなに加えないので大丈夫だが、人にやってもらうのはよくないので治療で行うべきではないそうです。
ああ、よく海外ドラマとかで相手を気絶させるために羽交い絞めにしてポキってしますね。
あれ、死んでるのかなってたまに思います。(笑)

100日目を迎えて・・・

「100日目に死ぬワニ」がついに100日目を迎えて亡くなりましたね。
少し前からネットでも話題になっていたし、テレビでも取り上げられていました。
私はフォローしていませんでしたが、Twitterのトレンドになっていたので見ました。
なかなか考えさせられる最期でしたね。
話題になりまくっていたのに数時間後には書籍化と映画化の発表。
書籍はともかく、映画って・・・
一夜明けたらワニくんグッズの大量販売。
電通案件とのことでアンチが多発。
死ぬのを待っていろいろなことをスタートさせてうまくいくと思ったのは誰なんでしょうかね。
感動した人なんかは裏切りを感じたでしょうし、商業目的ではじめているのがわかると覚めるでしょうね。
大ヒットにはならない予感しかありません。

某テーマパーク

某テーマパーク
社員が仲良くないとお客様が楽しめない、朝礼は他の部署と一緒に出好きな時間に出る。
自己紹介とゲームみたいなのをして絆を深める。
仕事前に朝っぱらからめんどくさいな~
あとはおじさん社員と女性で一対一でお話しをする機会をつくる。
なんか婚活パーティーみたいになっています。
誕生日に15分だけ社長とお話しできる。
女性で若い感じの社長さんですけど、意味不明の質問とかされて・・・
めんどくさい!!!
お話しできるというか、しないといけないって感じですね。
相手の中からいろいろ引き出すとか言ってますけども。
ちょっと何度も言っちゃいますけど、すごいめんどくさい職場だな。
まあ、夢を売る世界で仕事をするのだからこの手の事をめんどくさいと思わないような人が就職するのかもしれませんね。
私だったらバイトでも嫌ですね。

ウィルスに色がついていれば

ウィルスに色がついていてすぐにわかるようになっていればいいのに。
ガス漏れをしたときに匂いで気が付くように、わざと匂いをつけたなんて話しが頭をよぎりました。
目に見えないウィルスに対して出来ることは予防することです。
手洗いをするって言われてもあまりピンときません。
ウィルスに対してはアルコール消毒が良いので職場ではしています。
で。色がついていれば、念入りに出来るし必要がなければしなくても良いわけですよね。
でも逆に見えすぎも良くないか。
そこにあると認知してしまったら本来ならほおっておいてよいレベルでも気になりますからね。
見えていなかったからこそそのまま気にしなくて良いこともあるということにも気が付きました。

人に迷惑をかけない

金髪にしたら男性からの迷惑行為が減ったという記事を見て。
髪の毛が黒くておとなしい見た目の女性ばかりを狙う卑劣な輩には天罰が下ればいいのにダイレクトに思いました。
そりゃあ、犯罪の認識はあるのでしょうからターゲットは反撃してこないような見た目の人を選ぶものでしょうね。
自分の欲求を満たすために人を傷つける人を心底軽蔑します。
それならば、ポルノを大量所持しているだけの人の方がいいです。
所持で犯罪になることもありますけど、生きている人に迷惑はかけていませんからね。
その物語に触発されて行動を起こしてしまうのであればそれはそれでもちろんダメですけども。
人に迷惑をかけない発散方法があるのであればそれが一番良いです。

SNSで知り合った男に誘拐

小学生がSNSで知り合った男に誘拐された事件。
本人が逃げ出して解決しましたけど、コレは完全に外に出せないように拘束されていたら助かりませんでしたよね。
助かったからこその論争がたくさんありますが、そもそも日本のサイバー関連は全く進んでいないようですね。
海外ドラマでは誘拐された人のSNSをチェックして、個人的なやり取りまで瞬時に調べて犯人かもしれないと捜査していますけど。
まあ、もちろんフィクションでしょうし、実際に海外でこういう捜査をしてるかはわかりません。
でも未成年で公開捜査になり早い段階からSNSに注目が集まっていたのに、それ関係で調べていたのかどうかが気になります。
取り入れていないとしたらおくれているとしか思えません。