まほろ駅前狂想曲

【まほろ駅前狂想曲】を読みました。
久しぶりのシリーズ本は去年の11月に図書館で予約をして読めたのが5月です。
ドラマ化や映画化された影響でしょうかね。
久しぶりすぎて主要キャラの過去のこととか全然思い出せませんでした。
相変わらずの行天ですが、多田におつきあいする人が出来てびっくりしました。
作者がBL好きだからもしかするとこの二人もそっちに行く可能性があるのかと思っていましたから。(笑)
行天の過去はつらいですね。
親が宗教にはまってそれを押し付けてくるなんて最悪です。
庇護されるべき幼少期に親がそんな状態だと性格形成にも大きく変化があるでしょうね。
そこで子供の精神に影響が起きて犯罪者になることだってあると思います。
まともな人間に育てられるかそうでないか…「運」でしかないのならぞっとします。