トイレットペーパーの備蓄推奨

経済産業省が家庭でトイレットペーパーを備蓄するようにと異例の発表をしました。
え?と耳を疑いましたよ。
オイルショックのときにトイレットペーパーがなくなって市民が買いだめをしたというのは教科書の中でしか見たことがありません。
備蓄の目安は1人一ヶ月分の分量で4人なら15ロールの備蓄を推奨しています。
国内のトイレットペーパーは生産が静岡県など一部の地域に集中しているという事実を今回はじめて知りました。
生産地が被災した場合は供給不足になることが考えられるから今回のことになったようです。
生産地でも備蓄用のトイレットペーパーを用意しているようになっています。
備蓄用は芯がなくて2.5倍の長さのものにしていましたよ。