ピンチヒッターの由来

今年の夏の甲子園は例年よりも盛り上がっていたような気がします。
野球は逆転のチャンスにピンチヒッターをおくるということがありますね。
「チャンス」なのに「ピンチ」ヒッターをおくるとはどういうことか?
ピンチヒッターの由来はなんでしょうか?
相手がピンチだから。
かつてのルールは負傷交代しか認めなかったから。
監督がピンときて交代させるから。
野球はフェア精神が重要視されていたスポーツです。
ストライクは 打て と言う 振り切らないといけない。
いくらチャンスだからといって、いい選手が替わっていいはずがない。
昔は負傷していたら交代しても良いというところからきたそうです。
以前と違ってどんどんルールはかわっているものなんですね。