建設断念の話し

保育園の建設断念の話しは残念ですね。
子供をあずけることが出来ない人達の話しはひとごとではありません。
静かな住宅街に建てるので騒音被害を訴える人の気持ちもわからなくもありません。
うちの家も子供が遊ぶ声が聞こえる環境なので、「うるさいな」って気持ちはわかります。
でもだからと言って子供達を排除したいとは思えません。
ご老人方の訴えも分かるけれど理解して欲しいという気持ちもあります。
子供が育たなければ、また育てる親が仕事をしていなければ日本経済にだって影響しますよ。
子供を育てる経済政策がまったく進んでいないのがなげかわしいです。
ただ、断念することになった場所は車がすれ違えないくらい狭い道路しかないのでここが難しいのはわかりました。
だってお迎えにくることが困難な場所は駄目でしょう。

医師に手術を勧められて

はじめての手術から2ヶ月も過ぎると

だいぶ腰の方も安定してしたように思います。

この前、診察に行ったときは、まだ、少し痺れや痛みがあったけれど

私、だいぶ良くなりました。

1年前は寝たきりに近い状態でした。

腰が痛くて痺れて、最悪な毎日でした。

医師に手術を勧められても怖くて怖くて、手術だけは裂けたいと考えていましたが、

薬漬けの毎日に限界がきて、内臓が弱ってしまい

そして、手術をしたほうが良いと医師に言われ、決行したんですが

終わってみるとなんてことない。

(ちなみにその医師は今美容皮膚科医の求人情報をさがしているみたいです)

私、もっと早くやれば良かったと後悔しました。

ヘルニアの手術は怖いものではないと医師に言われていたんだけどね。

術後も、しばらく容態が悪い患者さんもいるみたいだけど、

人それぞれ、ヘルニアの状態も違うし、様々なのでしょう。

怖いですよね、全身麻酔。

知らない時間の中で私、体にメス入れられるなんて。

でも、医師にしてみれば、毎日普通の事で、

後になって考えたら、医師って精神力が強くないとなれない職業だと感じました。

看護師さんも強いですね。

テキパキ、なんでもやってくれる。

早業。

的確に何でもこなす看護師さん。

かっこいいですね。

私、男の看護師さんってはじめて見ました。

頼りになるんですよー

男の力で、寝返りも動けない私にやってくれて。