日本喘息アレルギー教会

日本喘息アレルギー教会からの発表として話題になっていることがあります。
子供の喘息ははやめに直さないと大人になっても続いてしまうということですけど、これって昔からあったような気がしますけど違ったんですね。
卵、牛乳、小麦といった一部のアレルギーは少しずつ食べて耐久性をつけるべきというのもちょっと前に聞きました。
しかしそれは医師の指導の元に行われるべきなんですよね。
素人がちょっとしたミスで過剰反応をさせてしまうと困りますからね。
国民の2人に1人はなんらかのアレルギーがあるこのご時世。
なんとか直したいと思っている人はたくさんいるはずです。
子供の頃からとなると親族の協力が必要になります。
このことがもっと周知されれば良いのにと思いますよ。