アパレル営業の年収相場

一般相場
アパレルの営業職の平均収入は300万~1000万とバラつきがあります。
外資リテール営業などは大体450万以上位からとある程度の収入が見込めますが、有名で良く知られている若者対象のメーカーやファッションビルや百貨店などに出店の多いブランドなどは300万位からが一般的です。
他の業種に比べれば営業としての収入は少ないのですが、アパレルの業界内ではデザイナーやMD、店長職などに比べると一番稼げる職種です。

休日や福利厚生
この休日や福利厚生が給与にかなり反映されるのがアパレルの営業です。
実情として一般の職種に比べると時間も休日も不安定です。
土日祝は休日と提示されていても、実際は休日出勤なども非常に多く1か月の出勤日数がどの位必要なのか、代休は取れるのかなどは調べておく必要があります。
また規模の小さいブランドなどは人事などが存在していないので、福利厚生などは自分自身でしっかりと知っておくと安心です。
また月単位でのスケジュール管理の所も多く割と自由な所が多いので、慣れると休みを上手く調整が出来ます。

給与について
アパレルの営業の中でも給与差があります。
老舗メーカーや大手商社では一般的に勤続年数による評価などで給与・賞与があるため比較的安定していますが月給が低めです。
中小企業の多いアパレルでは、個人のスキルによって給与交渉を行う方が多いので、募集要項の給与面で19万から35万位と差があります。
個人のスキルとは、例えば前職で繋がりのある企業が応募した会社で今後取引をしたいと考えていて必ず仕事を取ると確約出来たり、店舗開発が得意だったりWEBのスキルなどでインセンティブの交渉を行うことでより高い給与へ導く事が可能です。
応募先の企業が今後どのような発展を目指すのかを良く吟味した上で自身の持っているスキルとの擦り合わせをして行くと良いでしょう。

面接対策
面接では必ずメーカー・ブランドのイメージと合うのかどうかを見られます。
そしてどの様な戦略を持ち営業を行い、ブランディングをどう考えているのかをチェックされます。アパレル企業にとってブランドイメージは一番大事な事ですので、ちょっと知っている・買った事があるだけだと対象外ですので、応募した会社の強みだと思う事・問題点・自身がどれだけ役立つのか・競合に勝つための戦略を分析し、研究する事が採用の近道となります。
営業でも”統括”や”マネージャー”を目指すのであれば、価値を高めるためのブランディングと細かく分析した経営戦略、自身が実践し結果を出してきたPCDAサイクルが必要となります。

人材業界に強い転職エージェントはこちら

デスノートがあれば

デスノートがあれば記入したい人物がいます。
それは変な髪型で1人だけ太った体型の笑顔が似合わない独裁者です。
その人さえいなければその国の人達の苦痛は今よりマシになると思います。
そして他国の人達の安全と安心が得られます。
今まで嫌いな人は何人かはいましたけどその人が絶命すればいいとまで思ったことはありません。
でも世界中を敵に回しているような独裁者には消えてもらいたいです。
ものすごく迷惑極まりないです。
拉致問題だってあるのに一向に進まず、被害者のご家族の高齢化が問題になっています。
どこかのテロ集団はあの国をなんとかしようという正義感はないんですかね。
それは無理か。
斬首計画なんて言っているあの国もなんとかする気はあるんですかね。