総合電機メーカーの転職とグループ会社

今日は総合電機メーカーについてまとめてみます。総合電気メーカーには国内はもちろん世界中に多くのグループ会社があります。数百を数える企業もあり、事業やカテゴリー別に企業活動を行っています。社員は親会社からの出向や転籍以外に、グループ会社で独自に採用を行っている場合にはグループ会社の社員がいます。親会社が窓口となり、グループ会社の募集を代行しているケースもあります。

非常に広い事業領域でグループ会社がありますので、自分の専門性によってはスキルを活かせるのがグループ会社になるかもしれません。親会社では募集がなくてもグループ会社で採用される可能性があります。

「技術系の場合」
カテゴリーや技術領域によって、様々なグループに分かれています。グループ会社にも多くのエンジニアや技術職が在籍しています。自分の専門性と合致するのはどこか、どの会社で活かせるのか、各社の事業内容をよく研究してみることが重要です。
例えば
・研究開発と設計でグループ会社がある場合
・製造事業所、工場がグループ会社になっている場合
・製品カテゴリー毎にグループ会社になっている場合
・システムソリューション事業をグループ会社で行っている場合
・BtoCとBtoB事業でグループ会社がある場合
・既存ビジネス以外の研究開発をグループ会社で行っている場合
などなど、企業の考え方や事業の方向性により組織が編成されています。どのような組織になっているかで、その企業における自分の技術の将来性が見えてくることもあります。専門性を活かせる場を見極めてチャレンジすることが成功の秘訣といえます。

「スタッフ系の場合」
グループ会社の経理、総務、人事など管理部門の機能を親会社で一括して行っている場合とグループ会社で独自に部門を持っていて、直接採用を行っている場合があります。直接採用を行っていれば、グループ会社から募集が出ることもあります。
また国内の営業や販売を支社やグループ会社で行っていますので、営業系はグループ会社や地元で募集が出る可能性があります。
募集は不定期になりますが、各社のサイトに掲載されるのが一般的です。

「全体として」
グループ会社では親会社とは別の人事制度を導入している場合があります。その場合、グループ会社に直接採用されると給与などの処遇に違いが出てきます。
またシフト制が組まれているような事業所では、当然ながら勤務時間・休日が違ってきます。
福利厚生は共通しているものが多いですが、諸条件は確認してみる必要があります。
親会社とグループ会社では相互に出向や出張など人材交流があり、意欲や能力次第で幅広い業務を経験できたり、充実した人材育成や研修を受けられることが魅力のひとつです。

<リンク>http://www.mansion-kanrishi.biz/(マンション管理士に関する情報サイト)

コメントは受け付けていません。