上司になるような人

上司になるような人は、それなりに人望があるものだということが今の職場ではじめてわかりました。
年功序列でなんとなく上司になる人が多いでしょうけれど、やっぱり上司の器じゃない人というのはいるものです。
そうなってくると女性よりも定年まで働くのが当たり前の男性は大変ですね。
私だって自分が部下を従えて働けるような器があるとは思えません。
でも男性は上司としての器を求めらえることが多いでしょう。
今までの上司はそういう人はいませんでした。
しかし今の職場で上司っぽい上司の人がいます。
部下がついていきたいと思う上司は、日ごろのちょっとした頑張りを知っていて褒めてくれる人かな。
褒められれば誰でも嬉しいしやる気が出ますからね。

コメントは受け付けていません。